cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

テレビCMで「歯を白くする歯磨き粉」と宣伝しているのを
よく見かけますが

実際に市販の人気のある安い歯磨き粉で
歯を白くする(ホワイトニング)は
おすすめできません。

その理由とホワイトニングのおすすめの
歯磨き粉を紹介します。

スポンサードリンク

市販の歯磨き粉で歯のホワイトニングするのはおすすめできない理由

市販の歯磨き粉には「歯を白くする」とか
「ホワイトニング効果」などと

宣伝している商品は必ず研磨剤が
入っています。

研磨剤の研磨とは(硬いものなどで)
磨いて研ぐことをいいます。

ヤスリなどで磨いて表面の凸凹や汚れなどを
落とすイメージです。

同様に市販の歯磨き粉に含まれている研磨剤も
歯の表面についた汚れを落とすためのものです。

大人の歯はタバコのヤニやコーヒー、紅茶など、
長年の汚れが蓄積していて、

少し黄ばんでいる歯になっている人も多いので

歯磨き粉を選ぶ際にも「ホワイトニング」とか
白いきれいな歯に」と書かれている商品を
選んでしまいますよね。

実際に市販の歯磨き粉に含まれている研磨剤によって
歯の表面についている汚れ(ステイン)
落とすことは可能です。

歯の汚れを落とすのであれば問題ないのでは?」と
思うかもしれませんが、ここに落とし穴があります。

歯の表面にはエナメル質といって、
人間の組織の中で最も硬い層があるのですが

大量の研磨剤入りの歯磨き粉で磨き続けると
汚れが落ちると同時にエナメル質も
少しずつはがれてしまいます。

そしてエナメル質がはがれると歯の内部にある
象牙質が透けて見えてくるようになります。

そしてその象牙質の色は黄色なので
研磨剤で汚れを落としているのに白くならず

エナメル質が薄くなって象牙質がむき出しになると
せっかく歯を白くするために「ホワイトニング効果」がある
歯磨き粉で磨いたのに結局は黄色い歯になってしまうのです。

特に自分の歯が黄色くなってきたと感じている人は
歯ブラシで強く磨く傾向にあるので

ますます歯の表面が傷つきやすくなってしまいます。

そしてそれだけでなく知覚過敏などの原因や
虫歯菌などの悪玉菌が歯の内部に
侵入しやすくなるという欠点もあります。

ですので研磨剤の入っている市販の歯磨き粉で
歯のホワイトニングをするのはおすすめできません。

スポンサードリンク

市販の歯磨き粉の研磨剤の種類と歯が傷つく理由

市販の歯磨き粉に研磨剤が入っているかどうかは
商品のパッケージの裏に印刷されている

成分」を見ればわかるのですが
研磨剤とは書いていなくて

一般的には清掃剤と書いている成分が
研磨剤になります。

そして商品の成分表に
●シリカ
●炭酸カルシウム
●水酸化アルミニウム
●無水ケイ酸

などと書かれているのが研磨剤です。

これらが成分表示で上位表示されていると

(例)清掃剤:リン酸水素カルシウム
などと書いてあったら

含有量が多い順番に記載する必要があるので
研磨剤が大量に含まれている歯磨き粉と言えます。

このような歯磨き粉は大人の歯にも
おすすめできないので

子供にも使用させてはいけませんが
人気の子供歯磨き粉にも研磨剤が入っている
商品があるので注意をしてください。

では本当に研磨剤は歯を傷つけるの?と
思う方もいるかもしれません。

実際に大手メーカーのホームページでは清掃剤を

歯の表面を傷つけずに、歯垢や着色物などの
汚れを落とす成分のことです」と

説明しているのを見かけます。

「それならばそれほど気にしなくても
大丈夫では?」と思うかもしれませんね。

ですが本当にそうなのでしょうか?

歯の表面は硬いエナメル質で覆われていて
このエナメル質のモース硬度6または7です。
(調べると「6」や「7」の2つの意見があります)

モース硬度とは引っかいたときの硬さで
10段階で表示されますが、

ダイヤモンドが一番硬くで10です。

(最近では15段階で表示されているものもありますが
今回は10段階の硬さで紹介します)

先程紹介した研磨剤(清掃剤)のうち

●シリカの硬度:
●炭酸カルシウム:3
●水酸化アルミニウム:3
●無水ケイ酸:

となっています。

シリカや無水ケイ酸になると硬度が7なので

エナメル質が7であれば一緒の硬さですし、
エナメル質が6であれば歯の表面よりも硬いと
なってしまいます。

歯の表面のエナメル質と同じ硬さ、または
それ以上の硬さの研磨剤で長期に磨いた場合に

大手のホームページの説明通り、
本当に歯の表面を傷つけないのでしょうか?

現在出回っている市販の歯磨き粉には
無水ケイ酸を使用している場合が多く、

それはホワイトニング効果をアピールしている
商品だけでなく、

それ以外の歯磨き粉にはもちろんのこと

実は子ども歯磨き粉にも無水ケイ酸を
使用している商品があります。

※ライオンのアンパンマン子ども歯磨きなど

このように大人の歯磨き粉でなく
子どもの歯磨き粉にまで硬度の強い
研磨剤が含まれているのです。

確かに硬度3の炭酸カルシウム
水酸化アルミニウムならば

エナメル質よりも硬度が低いので
良いのかもしれませんが、

歯磨きは毎日しますし、朝、昼、晩と3回も
磨く人もいます。

何十年と磨いていけばやはりエナメル質に
全く影響がないとは言えません。

またたいていの市販の歯磨き粉には
泡立ちが良くなるだけの、

虫歯予防効果がない歯磨き粉どころか
口内や歯だけでなく、体に悪影響を及ぼす成分も
入っています。

詳しくは子供の安全な歯磨き粉の選び方!危険な成分が多い市販の歯磨き粉に注意

をご覧ください
(子ども歯磨き粉だけでなく、大人の歯磨き粉共通の問題を書いています)

このような理由でたとめ硬度が低い研磨剤が
入っている歯磨き粉でも

市販の歯磨き粉はおすすめできません。

ホワイトニング効果がある市販の歯磨き粉の選び方とおすすめ品

市販の歯磨き粉がおすすめできないのは
①研磨剤が入っている
②口内や歯だけでなく体に悪い成分も入っている

という理由でしたね。

ということは

●研磨剤が入っていなくて、ホワイトニング効果がある
成分が含まれている

●安全な成分のみで作られていて、万が一飲み込んでも
大丈夫なもの

ということになります。

その中でおすすめなのが

オーラパール」という歯磨き粉です。


こちらは
薬用ハイドロキシアパタイト」という成分で
エナメル質を修復してくれます。

実は「ハイドロキシアパタイト」は研磨剤にも
使用される成分ですが

薬用ハイドロキシアパタイト」は
歯を修復するし、長年の蓄積された汚れを落として
白い歯を取り戻してくれます。

※芸能人のような真っ白な歯にするには
日本では禁止されている成分を使用するので
日本製の歯磨き粉ではできません。

必ず許可をもらっている審美歯科などで
真っ白な歯にしてもらってください。

オーラパールホワイトニング効果だけでなく
虫歯予防口臭予防歯周病予防

お口のトータルケアをしてくれる歯磨き粉です。

一部アマゾンなどでも販売していますが
一番安く購入できるのがホームページですので

気になった方はホームページの詳細を見てくださいね。

薬用オーラパールのホームページはこちらから

まとめ

市販の歯磨き粉には研磨剤や危険な成分が含まれている
商品が多いのでおすすめできません。

たまにしか使用しないのであれば別ですが
毎日使用する歯磨き粉は研磨剤が含まれていなくて

安全な成分のみで作られているホワイトニング効果がある
歯磨き粉を使用しましょう。

スポンサードリンク